メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

バンドネオン奏者・小松亮太の「ブエノスアイレスの四季」 「革命児」の挑戦受け継ぐ

=根岸基弘撮影

 電話をかけては断られる毎日だった。1990年代半ば、自身のバンドを結成し、出演先を探していた小松亮太は情報誌『ぴあ』に掲載されているライブハウスの番号をひたすらダイヤルしていた。

 「バンドネオン弾きの小松です」「タンゴをやっているのですが」。必死に売り込むも、「バンドネオンって何ですか」と判で押したように冷たくあしらわれた。「今から考えると信じられないのですが、タンゴと言うだけで電話を切られました」。小松は当時を振り返る。

 そんなある日、「ピアソラの曲とかやるのですが」と言ってみた。クラシックやジャズなどの要素を取り入れ…

この記事は有料記事です。

残り1656文字(全文1920文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  3. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  4. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  5. 新潮45 杉田氏擁護特集 社長「常識を逸脱」 明確な謝罪なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです