メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

日大新監督に元立命大コーチ 選考委、橋詰氏で一本化

 日本大アメリカンフットボール部の新監督を選ぶ外部の弁護士ら有識者で構成する選考委員会が、元立命館大コーチの橋詰功氏(54)に監督候補を一本化した。17日、関係者が明らかにした。悪質タックルを指示したとされて辞任した内田正人前監督(62)の後任となる。

 外部のアメフットの指導経験者ら7人の有識者が、日大OBを除外して公募した69人から選考していた。京都大元…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボクシング 村田、進退明らかにせず 敗戦後、睡眠30分
  2. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  3. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです