メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「知りません。関係ありません」。私が熊本に勤務していた1990~95年はオウム真理教の動きが活発で、取材に奔走した。教祖の生い立ちや考え方を知りたいと、やっと会うことができた親族の男性は冒頭のように語って黙り込んだ。

 教団とマスコミとの衝突が目立ち、私が勤める支局にも教団の顧問弁護士からしばしば電話がかかってきた。私も応対した。「ん? それはどういう意味?」と…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです