メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

壬生城

「大手門」を再現 VR技術で復元 江戸時代の火事記録の挿絵など基にCGで /栃木

 城下町として栄えた歴史のある壬生町が、かつて存在した壬生城のシンボルである「大手門」を仮想現実(VR=バーチャル・リアリティー)技術で復元した。頭に装着する専用のヘッドセットを使うと、目の前に門が当時の姿を現す仕組みだ。町は今後、町の歴史民俗資料館や町歩きツアーなどで活用し、歴史をPRする。

 壬生城は戦国時代の15世紀後半に壬生氏が築いた。大手門は1694(元禄7)年に当時の城主、松平輝貞が城を大改修した際に造られたとされる。場所は、現在の足利銀行壬生支店(同町中央町)の駐車場付近になるという。

 特徴は、屋根の両端に鬼瓦が置かれた2階建ての櫓(やぐら)門、そして門の外側にある敵の襲来に備えて土…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  4. 保護施設に侵入し猫を虐待 防犯カメラに男の映像 三重・鈴鹿
  5. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです