メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱中症

3連休14人死亡 豪雨被災地、搬送多数

猛暑の中、信号待ちをする人たち=東京都中央区で2018年7月15日午後1時57分、渡部直樹撮影

 列島は3連休最終日の16日も東北から九州にかけて高気圧に覆われ、各地で厳しい暑さが続いた。岐阜県揖斐川町では今年最高となる39・3度を記録した。共同通信の集計では、熱中症とみられる症状の救急搬送は全国で2020人に上り、新潟、愛知、静岡、三重の各県で5人が死亡した。3連休では計5616人が搬送され、搬送当日に亡くなったのは14人だった。厳しい暑さは今後も続く見通しで、気象庁は熱中症への注意を呼び掛けている。

この記事は有料記事です。

残り867文字(全文1073文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです