メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

西日本豪雨 32校、早期再開断念

豪雨で発生した大量のごみが運び込まれ、巨大な山ができた市立真備東中のグラウンド=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月16日午前11時46分、小松雄介撮影

 西日本を襲った豪雨の影響で休校となった公立小中高校などのうち、少なくとも32校は早期の学校再開を断念し、このまま夏休みに入ることが毎日新聞の取材で分かった。いずれも豪雨で甚大な被害を受けており、学校が被災者の避難所や災害ごみの集積場になっているケースも多い。想定外に多くの人が押し寄せた学校は混乱し、教職員らは対応に追われた。被災した子どもたちの心のケアが今後の課題で、専門家はストレスを受けた心を日常の遊びなどで回復させるようアドバイスする。

この記事は有料記事です。

残り2259文字(全文2482文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  3. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  4. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです