メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

掘れば出てくる=玉木研二

 <ka-ron>

 ナチズムの背景などヨーロッパ近現代史を学ぶ昭和女子大学人間文化学部4年、後藤梓さんが進路を決めたのは高校3年の夏。以前は歴史に興味はなく、医療系専門学校に進むつもりだった。

 暗記に頼らない日本史の先生の魅力的な授業がきっかけという。学生らが編集する本紙の「キャンパる」面(東京夕刊)に彼女が書いたコラムを読み、どんな授業をするのだろうと先生に尋ねた。

 東洋大学付属牛久高校(茨城県)の本保泰良(ほんぽたいら)さん(42)である。先生の授業は問いかけを…

この記事は有料記事です。

残り773文字(全文1008文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです