メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

掘れば出てくる=玉木研二

 <ka-ron>

 ナチズムの背景などヨーロッパ近現代史を学ぶ昭和女子大学人間文化学部4年、後藤梓さんが進路を決めたのは高校3年の夏。以前は歴史に興味はなく、医療系専門学校に進むつもりだった。

 暗記に頼らない日本史の先生の魅力的な授業がきっかけという。学生らが編集する本紙の「キャンパる」面(東京夕刊)に彼女が書いたコラムを読み、どんな授業をするのだろうと先生に尋ねた。

 東洋大学付属牛久高校(茨城県)の本保泰良(ほんぽたいら)さん(42)である。先生の授業は問いかけを…

この記事は有料記事です。

残り773文字(全文1008文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです