メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

掘れば出てくる=玉木研二

 <ka-ron>

 ナチズムの背景などヨーロッパ近現代史を学ぶ昭和女子大学人間文化学部4年、後藤梓さんが進路を決めたのは高校3年の夏。以前は歴史に興味はなく、医療系専門学校に進むつもりだった。

 暗記に頼らない日本史の先生の魅力的な授業がきっかけという。学生らが編集する本紙の「キャンパる」面(東京夕刊)に彼女が書いたコラムを読み、どんな授業をするのだろうと先生に尋ねた。

 東洋大学付属牛久高校(茨城県)の本保泰良(ほんぽたいら)さん(42)である。先生の授業は問いかけを…

この記事は有料記事です。

残り773文字(全文1008文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  2. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  3. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
  4. 過保護のカホコ テーマは「愛と夢の両立」? カホコ&初の結婚生活は… SPドラマ今夜放送
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです