メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラスチック危機

プラスチックごみの海洋汚染 危機感ない日本政府=論説委員・鴨志田公男

荒川の土手に散乱するプラスチックごみ=高田秀重・東京農工大教授提供

微細に破砕 魚介蓄積

 新たな地球環境問題として、プラスチックごみによる海洋汚染が注目を集めている。欧州やアフリカでは使い捨てプラスチックの規制が進み始めた。周囲を海に囲まれ、さまざまな恵みを受けている日本は率先して対策の先頭に立つべきなのに、政府の動きは鈍く、危機感が感じられない。

生態系や健康に悪影響

 環境NPO「荒川クリーンエイド・フォーラム」事務局の藤森夏幸さん(27)の案内で先月、東京湾に注ぐ…

この記事は有料記事です。

残り2352文字(全文2553文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 堺市長、辞意固める 政治資金収支報告書に2億3000万円不記載
  4. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです