メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシア

中東勢力争い利用 イランとの友好維持 イスラエルとも協調 対米カード化狙う

シリアを巡る各国の構図

 【モスクワ大前仁、ワシントン会川晴之】16日の米露首脳会談では内戦が続くシリアを中心とした中東情勢も主要議題となった。優位が鮮明なアサド政権の後ろ盾として影響力を拡大しつつあるロシアに対し、働きかけを強めているのがイスラエルとイランだ。ロシアは、シリアへの影響力を持つイランと友好関係を維持しながら、イランと敵対するイスラエルとの協調を模索。対米カードでの利用をにらんだバランス外交を展開している。

 イスラエルが懸念を強めるのは、1967年から実効支配してきたゴラン高原に隣接するシリア南部ダルアー…

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1056文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです