メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

サッカー ドイツ1次敗退/メッシ目立たず 番狂わせ、大会の象徴

決勝トーナメント

 <Russia 2018 WorldCup>

 ロシアで初めて開かれたW杯は運営面での大きな混乱はなく、フランスの20年ぶりの優勝で幕を閉じた。全64試合を振り返ると、番狂わせの頻発、絶対的エースの不振、カウンター攻撃とセットプレーの比重の増大といった傾向が浮かぶ。

 最大の衝撃は前回2014年大会を制したドイツの低迷だった。初戦でメキシコに0-1で敗れ、続くスウェーデン戦は最終盤にクロースがFKを決めてしのいだが、最後は韓国に0-2で完敗し、決勝トーナメントに進めなかった。

 攻撃の要であるエジルが不調で、前線も決定力を欠いた。これで06年大会のイタリア、10年大会スペイン…

この記事は有料記事です。

残り2434文字(全文2723文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 水難事故 小学生3人溺れ、9歳男児が死亡 2人は無事 大阪
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです