メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 ジョコ、3年ぶりVの味

3年ぶり4回目の優勝を決め、トロフィーにキスをするジョコビッチ=ロイター

 【ウィンブルドン浅妻博之】テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権最終日は15日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで男子シングルス決勝があり、第12シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、第8シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)に6-2、6-2、7-6でストレート勝ちし、3年ぶり4回目の優勝を果たした。

 31歳のジョコビッチは、2016年全仏オープン以来の4大大会制覇で、男子歴代単独4位となる4大大会…

この記事は有料記事です。

残り2802文字(全文3016文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです