メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

サッカー MVPクロアチア・モドリッチ、悲劇克服し英雄に 「あきらめぬ」紛争糧に強く

フランスとの決勝戦の後半、ドリブルで攻め込むクロアチアのモドリッチ選手=ロシア・モスクワのルジニキ競技場で2018年7月15日、長谷川直亮撮影

 【ウィーン三木幸治】サッカー・ワールドカップ(W杯)で惜しくも東欧諸国として初めての優勝を逃したクロアチアだが、司令塔としてチームを率いたルカ・モドリッチ選手(32)に、大会の最優秀選手(MVP)を意味する「ゴールデンボール賞」が授与された。クロアチア紛争で祖父を亡くし、6歳で国内避難民となった経験を持つモドリッチ選手。悲劇を乗り越え、母国の「英雄」となった。

 旧ユーゴスラビアから分離独立を宣言したクロアチアでは1991年、クロアチア人と旧ユーゴで多数派だっ…

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文782文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです