メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪北部地震

1カ月 教訓と次への備え 「必ず発生」覚悟し対策を 東京大地震研究所・平田直教授

平田直教授(政府地震調査委員会委員長)

 マグニチュード(M)8~9の南海トラフ地震が発生した場合、とんでもない災害になることは明らかだ。政府の地震調査委員会は30年以内の発生確率を「70~80%」としている。自分たちの世代のうちに地震が来ることを前提に、行政や企業、市民は対策を考える必要がある。

 行政や企業は職員・社員の命を守るため、建物の耐震化や避難計画策定などを進め、企業活動を継続するための計画を考えておくべきだ。個々の企業だけでは解決しない部分もあるので、関係する複数企業が連携して取り組んでほしい。…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文639文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「被爆」と「被曝」の違い
  2. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  3. 万博 誘致費36億円 大阪府知事「必要経費」理解求める
  4. セシウム マイタケ加工品から基準値超検出 福島 /福島
  5. 天気 札幌で史上最も遅い初雪観測 平年より23日遅く 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです