メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米露首脳会談

思惑に米は「トップ外交」露は「孤立脱却」

首脳会談に臨むトランプ米大統領(左)とプーチン露大統領=ヘルシンキのフィンランド大統領公邸で16日、AP

 【ヘルシンキ高本耕太、モスクワ大前仁】トランプ米大統領とプーチン露大統領は16日、実質的な合意に乏しいと想定される中で、首脳会談に臨んだ。背景には、トランプ氏は「トップ外交」、プーチン氏は「国際的孤立からの脱却」をそれぞれ国内外にアピールする必要があったようだ。

 トランプ氏は会談前に「両国関係はかつてなく悪い」とツイート。事前の期待値を下げたうえで、改善の成果を最大限に主張するトランプ外交の常とう戦術だ。

 2014年に始まったウクライナ危機や英国での元露スパイ暗殺未遂事件などを受けた対露批判が高まる中、…

この記事は有料記事です。

残り1552文字(全文1807文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔
  5. さくらももこさん 声優ら参列し「ありがとうの会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです