メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米露首脳会談

思惑に米は「トップ外交」露は「孤立脱却」

首脳会談に臨むトランプ米大統領(左)とプーチン露大統領=ヘルシンキのフィンランド大統領公邸で16日、AP

 【ヘルシンキ高本耕太、モスクワ大前仁】トランプ米大統領とプーチン露大統領は16日、実質的な合意に乏しいと想定される中で、首脳会談に臨んだ。背景には、トランプ氏は「トップ外交」、プーチン氏は「国際的孤立からの脱却」をそれぞれ国内外にアピールする必要があったようだ。

 トランプ氏は会談前に「両国関係はかつてなく悪い」とツイート。事前の期待値を下げたうえで、改善の成果を最大限に主張するトランプ外交の常とう戦術だ。

 2014年に始まったウクライナ危機や英国での元露スパイ暗殺未遂事件などを受けた対露批判が高まる中、…

この記事は有料記事です。

残り1552文字(全文1807文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです