メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米露首脳会談

ロシア、中東外交に腐心

シリアを巡る各国の構図

 【モスクワ大前仁、ワシントン会川晴之】16日の米露首脳会談では内戦が続くシリアを中心とした中東情勢も主要議題となった。優位が鮮明なアサド政権の後ろ盾として影響力を拡大しつつあるロシアに対し、働きかけを強めているのがイスラエルとイランだ。ロシアは、シリアへの影響力を持つイランと友好関係を維持しながら、イランと敵対するイスラエルとの協調を模索。対米カードでの利用をにらんだバランス外交を展開している。

 イスラエルが懸念を強めるのは、1967年から実効支配してきたゴラン高原に隣接するシリア南部ダルアー…

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1056文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  3. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  4. 対中制裁第3弾 日本企業困惑 生産拠点の中国離れ加速か
  5. みんなの広場 切り抜き読み返す「人間」=主婦・横井由美子・67

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです