メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

全く迷いなし 朝乃山、高らかにV宣言

【大相撲名古屋場所9日目】石浦(左)を押し出しで降した朝乃山=ドルフィンズアリーナで2018年7月16日、兵藤公治撮影

大相撲名古屋場所9日目(16日)

 最近は夢を見ないと朝乃山は言う。「それだけ熟睡しているんでしょう」。酷暑にもかかわらずだ。よほど頭の中がすっきりと整理されているのだろう。勝ち越しを決めたこの日の相撲も、全く迷いがなかった。

 朝乃山は本来、右四つになると強さを発揮する。だがこの日は、懐にもぐりこまれるとやっかいな石浦が相手とあって、あえて得意の右差しを捨てて、突き放した。「(まわしを)取られたらしぶといので」と朝乃山。これ…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文534文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  3. ORICON NEWS ウーマン村本、浪江町「なくなる」発言を謝罪 「大反省しないと」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. はしか発症16人に 「あべのハルカス」買い物客も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです