メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マサ斎藤さん死去

猪木氏と伝説の死闘「巌流島の戦い」(スポニチ)

元プロレスラーのマサ斎藤さん=スポニチ提供

 元プロレスラーのマサ斎藤(本名・斎藤昌典)さんが14日に死去した。75歳。所属していた健介オフィスが16日に発表した。通夜と葬儀は家族・関係者が都内で執り行う予定。

     発表によると00年に発症したパーキンソン病で闘病中で、リハビリに励んでいたが容体が急変。14日午前1時5分に帰らぬ人となった。17年4月7日に大阪市立城東区民センターで開催された興行でリングに立ったのが、公の最後の姿となった。倫子夫人は「来年、再び、カムバックのチャンスも出てきました。そのためにリハビリに意欲を燃やしていた矢先。容体急変。7月14日1時5分に永眠しました。穏やかながらも、新たなチャレンジに向かうような、マサ斎藤らしい力強い旅立ちでした」とコメントした。

     斎藤さんは明大在学中の63年にレスリング全日本選手権で優勝。64年東京五輪に日本代表として出場し、翌年に日本プロレスに入門した。68年には渡米して腕を磨き、74年からは新日本プロレスに参戦。87年にアントニオ猪木氏と巌流島で2時間5分14秒にも及ぶ死闘を演じたことで知られる。90年にはAWA世界王座を獲得し、47歳での戴冠は快挙とされた。99年、現役引退していた。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
    2. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
    3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
    4. 砂川判決 多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず
    5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです