メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私だけの東京・2020に語り継ぐ

歌手・さだまさしさん 故郷の安心感持てる海

 バイオリン修業のため、生まれ育った長崎市から上京したのは中学1年の時。それからずっと東京ですが、今も「長崎生まれ」であることが物事を考える基準や価値観に大きく影響していますね。もちろん曲づくりでもそれが大きなファクター(要素)となっています。被爆者の叔母は生前、「恨むなら原爆でなく、戦争そのものだよ。ヒロシマ、ナガサキが戦争の歯止めにならなきゃ、みんな浮かばれないよ」と言っていました。

 2016年5月、歴代のアメリカ大統領として初めて、オバマさんが広島を訪問しました。僕は被爆者の肉親…

この記事は有料記事です。

残り1562文字(全文1807文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです