メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

中村喜四郎氏の警告=与良正男

 まるで別の国の話のようだ。

 西日本を襲った記録的な豪雨災害の捜索・復旧作業が酷暑の下で続く中、政府・与党は22日の国会会期末を控え、究極の党利党略と言える参院の選挙制度見直し策に続き、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案を何が何でも成立させる方針のようだ。

 IR法案は災害復旧の先頭に立つべき石井啓一国土交通相(公明党)が担当で、連日のように国会答弁に立つ。17日の参院内閣委員会には安倍晋三首相も出席して、この法案の審議が続いた。でも、そこまでして急ぐ法案なのか。

 西日本の一部で避難指示が出ていたにもかかわらず自民党議員が安倍首相を招いて5日夜開いた飲み会も同じ…

この記事は有料記事です。

残り649文字(全文936文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです