メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 江戸時代は今のような高齢化社会ではないが、ゆるやかな人口増加のなか元気な高齢者は多かった。浮世絵や都市図、農耕図のなかにも、孫の面倒をみる高齢者や働く高齢者が見える。農村ではとりわけ、分担する仕事が多かった。病院や高齢者施設が存在しない江戸時代の老いかたは、在宅医療と自宅での高齢生活が広がっていくこれから、見習う必要が出てくる。その要は「晩節」であろう。

 貝原益軒「養生訓」には、親を養う養老の方法や、老いていく人自身のための心がけなどが見える。「老後一…

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文767文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです