メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

チェンライの子供たち

 「チェンマイ、ではなくチェンライ……ですか?」。海外渡航経験がないまま30代も半ばを過ぎた2003年、突然タイへの出張を命じられた。行き先は「洞窟からの救出」で世界の注目を集めているチェンライ。現地の青少年に農業指導をしている日本人男性の取材だった。

 空路バンコク経由で到着したチェンライは古い寺院が多い素朴な街。当時のメモに、出迎えの3人と共にした昼食代が282バーツ…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. はやぶさ2 リュウグウに着陸 表面画像撮影にも成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです