メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

動物の体をピンと張って乾かす…

 動物の体をピンと張って乾かす。それを「革」といい、緩んだものをピンと緊張させる意味があるという(藤堂明保「漢字語源辞典」)。「改革」は優れたものに改めることだが、緩んだ張りを取り戻すのは簡単ではない▲「国民の政治に対する不信感の高まりは、かつて例を見ない状況に達している。一日も早く政治改革を実現しなければならない」。政権の大看板に「変革と実行」を掲げた宮沢喜一首相の1993年初頭の施政方針演説の一節である▲自民党の長期政権と腐敗で国民の政治不信が極まった時代だ。改革の重責を担った宮沢氏だが、焦点の選挙制度改革をめぐる公約を果たせず政権の座を追われた。38年におよぶ自民党支配は終幕し、「55年体制」が崩壊した。四半世紀前の7月18日のことだ▲選挙制度改革として参院の定数を6増する自民党などの公職選挙法改正案がきのう衆院特別委員会で可決された。今国会で成立する見通しだが、審議日数は衆参でわずか5日。しかも合区であぶれる現職議員を救うためのお手盛り案という▲参院選挙区の「1票の格差」を抜本的に是正するのが制度改革の目標だ。しかし、4増となる比例代表は格差問題とは直接関係がない。党利優先のご都合主義がまかり通るなら、改革にはほど遠い▲選挙制度は民主主義の根幹である。本来ならその改革には政権の命運をかけるほどの緊張感があっていいはずだ。改革や革命といったスローガンを好む安倍政権であれば、なおさらだ。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
    2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
    3. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
    4. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回
    5. 大相撲 終始無言の稀勢の里、歴史的な3連敗で大きな窮地

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです