メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

日欧EPA署名 対保護主義の旗頭 世界に姿勢発信

「貿易戦争」を巡る各国の立場

 日本と欧州連合(EU)が経済連携協定(EPA)に署名した。世界最大級の自由貿易圏を誕生させることで、保護主義の動きを加速させるトランプ米政権をけん制する狙いもある。一方、協定が発効すれば、ワインなど輸入品は値下がりが期待できるだけに、消費者は欧州産品を楽しめる機会が増えそうだ。

 「我々は保護主義にともに立ち向かうという強いメッセージを出した」。トゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)は17日、日本とのEPA署名後、ユンケル欧州委員長、安倍晋三首相との共同記者会見でこう強調した。

 念頭にあるのは、世界中に「貿易戦争」を仕掛けるトランプ米大統領だ。安倍首相も「保護主義からは何も生…

この記事は有料記事です。

残り1981文字(全文2273文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉並のアパートで女性刺傷 搬送後に死亡、男が逃走か
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  4. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  5. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです