メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

乱射事件続く米国の銃規制 建国理念「持つ権利」根強く=長野宏美(ロサンゼルス支局)

銃乱射事件のあった高校前で花を手向け、犠牲者を追悼する母娘=米南部テキサス州サンタフェで5月19日、長野宏美撮影

 「銃ではなく、銃を扱う人の問題だ」。米南部テキサス州サンタフェの高校で5月、10人が犠牲になった銃乱射事件を現地で取材した。銃声を聞き、必死に逃げ、友人を失った生徒たちから「銃に問題がある」という意見は上がらなかった。テキサス州内で銃規制を巡る大きな変化は今もない。一方、2月に17人が死亡した南部フロリダ州パークランドの高校乱射事件では、被害に遭った生徒らが中心となって、銃規制を求める社会運動が全米に広がっている。対照的な反応に、米国の銃問題の難しさを感じる。

この記事は有料記事です。

残り1779文字(全文2012文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです