メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

継がれぬ遺志

「マンデラ後」の南ア/上 「空き地に住んで何が悪い」 不法居住区に220万世帯

 見渡す限り広がる小屋、小屋、小屋……。どれも廃材やトタン板で作ったものだ。その数は数千戸。「昨年11月には数十戸だったのに、あっという間に広がった」。南アフリカの最大都市ヨハネスブルクの南約50キロのロウリーにあるスクオッターキャンプ(不法居住区)。小高い丘の上からセブンティーン・ラックスさん(56)は、小屋が密集する様子を指さしながら話した。

 南アでは、人口の1割程度の白人が多数派の黒人らを差別し支配するアパルトヘイト(人種隔離)体制が続い…

この記事は有料記事です。

残り1842文字(全文2066文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  4. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです