メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

少年の夢 サンパウロ支局・山本太一

 コーヒー豆の産地として知られるメキシコ南部タパチュラは、中米諸国から米国を目指す移民の通過点だ。訪れた未成年者用の一時滞在施設には、不法入国した少年約80人が保護されていた。

 「高校の授業は打ち切られた。路上は危なくて、歩くこともできない」。ニカラグア西部エステリから来た少年(16)は厳しい口調で訴えた。政府が負担増を求める社会保障制度改革に、4月から抗議デモが頻発。治安当局との衝突などで220人以上が死亡し、祖国の治安は…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文535文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです