メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IR実施法案

政府、総論に終始 深まらぬ「カジノ合法」

IR実施法案について答弁する安倍晋三首相(左)。右は石井啓一国土交通相=国会内で2018年7月17日午前10時15分、川田雅浩撮影

 西日本豪雨後の被害が明らかになって初めて安倍晋三首相が国会に出席する場となった17日の参院内閣委員会では、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案に関する審議とともに、豪雨被害の復旧対応と審議のどちらを優先するかが改めて焦点となった。一方で、カジノが違法性のある「賭博」の例外となる根拠についての議論は深まっていない。

 「カジノは合法か」。審議では各論を突く野党に、政府が総論で答える展開が続く。

この記事は有料記事です。

残り1281文字(全文1482文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔
  5. さくらももこさん 声優ら参列し「ありがとうの会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです