メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンの食卓

第3部 それって健康?/4 三角食べより順番重視

三角食べについて説明する深沢郁教諭=茨城県下妻市立下妻小で

 ●積極指導せず

 茨城県下妻市立下妻小学校の給食の時間。6年生の教室で、栄養教諭の深沢郁(ふみ)さんが児童に向かって話しかけていた。「三角食べできたかな」「(1種類のもの)ばっかり食べていると栄養バランスが悪いよね」。児童たちが実践しているのが、米飯、汁物、おかずを少しずつ順番に口に入れていく「三角食べ」だ。1970年ごろに学校給食の現場で広がったとされ、食材を口の中で混ぜ合わせて味の広がりを楽しむ「口内調味」は、和食の特徴でもある。だが、最近見かけなくなったとの声が現場から聞こえる。

 数年前まで三角食べの指導をしていたという横浜市立小の女性栄養教諭は「児童から『テレビで三角食べは健…

この記事は有料記事です。

残り1521文字(全文1816文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 自民総裁選 進次郎氏「違う声を強みに」 石破氏支持理由
  5. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです