メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

日大改善報告 選考委、監督に橋詰氏選定

 日本大は17日、悪質タックルで今季の出場停止処分を受けているアメリカンフットボール部のチーム改善報告書と、学内に設置した選考委員会が選んだ新監督候補を関東学生連盟に報告した。日大は新監督の名前は学連の判断が出るまで非公表としているが、関係者によると、選考委は立命館大元コーチの橋詰功氏(54)を選んだ。

 選考委は委員長の上杉昌隆弁護士ら7人の外部有識者で構成されている。日大OBを除き公募69人から書類…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文486文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  5. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです