メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

避難生活の長期化は必至 生活環境改善が課題

清掃をする前に、避難所となっている体育館から畳を外に出す男性ら=岡山県倉敷市真備町地区の二万小で2018年7月18日午前8時59分、小松雄介撮影

死者218人、不明者14人 4700人が避難生活

 西日本豪雨は大規模な被害の判明から10日以上が経過し、16府県で依然約4700人が避難生活を続ける。避難生活の長期化は避けられず、ほこりの除去など避難所の生活環境改善が課題になっている。毎日新聞の18日午前11時半現在のまとめでは、死者は218人、安否不明者は14人となっている。

 大規模な浸水被害があった岡山県倉敷市真備(まび)町地区の市立二万(にま)小学校で18日、避難所の大…

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文906文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです