メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米露首脳会談

「出発点」強調に批判も 対立点目つぶり

首脳会談に臨むトランプ米大統領(左)とプーチン露大統領=ヘルシンキのフィンランド大統領公邸で16日、AP

 ヘルシンキのフィンランド大統領公邸を舞台に繰り広げられた今回の米露首脳会談は、開催合意から3週間足らずでの開催となった。具体的な成果は当初から期待されておらず、準備時間の不足から踏み込んだ合意事項を調整するには至らなかった。トランプ氏は今後の対話につながる「出発点」としての意義を強調したが、複雑な対立点に目をつぶるかのような対応には、米国内からも「すり寄った」などと厳しい批判の声が上がっている。

この記事は有料記事です。

残り1616文字(全文1816文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです