メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 20日は土用の丑(うし)の日。納豆生産が盛んな茨城県では「うなぎを食べたら納豆を忘れるな」とよく言われる。納豆に含まれる消化酵素が、かば焼きの消化を助け、胃腸の調子を整えてくれるからだ(永山久夫著「納豆万歳」)。

 健康食として重宝される納豆だが、頭の痛い問題も。同県納豆商工業協同組合によると、名産「わら納豆」に使う稲わらの確保が年々困難になっている。稲わ…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです