メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書クライシス

制度を考える/上 未作成・廃棄懸念 法成立時に指摘

 森友学園を巡る財務省の決裁文書改ざん、「ない」とされた自衛隊の国連平和維持活動(PKO)の日報が見つかった問題など、政府の公文書管理を巡る不祥事が噴出している。なぜ防げなかったのか。防ぐにはどうすればよいか。制度の在り方を3回にわたって考える。初回は、こうした問題の多くが実は9年前の公文書管理法成立時に懸念されていたことを検証する。【大場弘行、片平知宏】

この記事は有料記事です。

残り2249文字(全文2428文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです