メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

千葉・松戸の女児殺害を取材して 子供守る目を増やそう=斎藤文太郎(千葉支局)

判決内容を報告するため遺棄現場を訪れた遺族ら。女児の写真の前には花やぬいぐるみが供えられている=千葉県我孫子市北新田で8日、斎藤文太郎撮影

 千葉県松戸市立小3年だったレェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9歳)=ベトナム国籍=が殺害された事件の裁判員裁判で、千葉地裁は6日、殺人罪などに問われた渋谷恭正被告(47)に対して無期懲役(求刑・死刑)を言い渡した。被告が女児の通学先の保護者会長で、見守りにも参加していたことから、地域に衝撃を与えた事件だったが、子供が狙われる犯罪はその後も後を絶たない。幼い命が奪われる事態を繰り返さないためにはどうすべきか。保護者や地域住民、学校や行政の役割を改めて考えてみたい。

 「女の子が遺体で見つかった」。支局で県警から電話を受けたのは昨年3月26日。雨の日曜日だった。女児…

この記事は有料記事です。

残り1760文字(全文2045文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです