メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

次に進むことだけが大事?=小野有五・北海道大名誉教授

 サッカー・ワールドカップ(W杯)の対ポーランド戦(6月28日)で、日本は1対0で負けていた。同時進行の試合ではコロンビアがセネガルを1点リード、そのまま終われば日本が決勝トーナメントに進出となるため、日本は追加点や反則を取られぬよう、自陣でボールを回して試合を終えた。

 会場は大ブーイングだったが、決勝トーナメントに進むにはそれが最善だったと監督は語り、選手も多くのサポーターも「結果オーライ」でしょうと語った。しかし海外メディアでは、このプレーを非難する論調が圧倒的であった。日本メディアは、海外の批判は報道しても、自ら疑問を投げかけようとはしない。TBS系「サンデーモーニング」で司会の関口宏さんが、試合運びには「イエローカードを出せないのか」と言ったのが目立った程…

この記事は有料記事です。

残り506文字(全文842文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 絢子さま婚約内定 プロポーズ「あまりに突然でしたが…」
  3. 皇室 小室家側に「国民が納得できる説明を」秋篠宮ご夫妻
  4. プレイステーション 復刻版「プレイステーション クラシック」発売 12月3日に9980円で
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです