メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

継がれぬ遺志

「マンデラ後」の南ア/中 公共事業、私腹肥やす政治家 黒人救済「名ばかり」

「政治家は金もうけしか頭にない」と憤るエフレイム・ドラミニさん=フレーデで6月27日、小泉大士撮影

 「黒人農家の所得を向上させる」。2012年、南アフリカ中部・自由州の人口2万人に満たない町フレーデ。集会所に集められた住民に、町出身の有力政治家、ズワネ氏が数時間をかけて、有望な事業について説明した。「政府予算で酪農場を造り、地元農家が51%の株を保有できる事業だ」。約150人の雇用を生み、診療所や道路も整備するという。

 政府の支援との触れ込みに乗り気になった地元の農民組合員らは、次々「受益者」となる承諾書にサインをし…

この記事は有料記事です。

残り825文字(全文1037文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不法残留 ベトナム人7人、疑いで逮捕 苫小牧市内で /北海道
  2. WEB CARTOP イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは
  3. プロ野球 日本ハム 打たれない斎藤佑!韓国・NC戦2回完全に続き3回無失点(スポニチ)
  4. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え
  5. 司法試験 合格者削減求めて声明 県弁護士会長 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです