メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IMF

日本GDP0.6%減試算 貿易戦争最悪の場合

 【ワシントン共同】国際通貨基金(IMF)は18日、トランプ米政権が仕掛ける「貿易戦争」で、世界の国内総生産(GDP)が最悪の場合、0・5%、4300億ドル(約49兆円)縮小するとの試算を発表した。対米輸出で自動車の依存度が高い日本への影響は大きく、0・6%減少すると見込んだ。米国は0・8%減ると推計した。

 IMFは、米国による輸入品への制裁的な追加関税と、それに対する各国・地域の報復措置が「先進国と新興…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文518文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 特集ワイド 「昭和の夜」また一つ 伝説のキャバレー「ハリウッド」、58年の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです