メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

高橋弘希さん=「送り火」で第159回芥川賞

高橋弘希(たかはし・ひろき)さん(38)

 人間が心に抱える闇や凶暴性の描写に特長がある。ひょうひょうとした口調だが、どこか照れもあってチャーミングだ。「受賞は評価されたってことだから、うれしいといえばうれしい」。肩をすくめて体を揺らしながら、喜びを語る。長い前髪の奥で表情を緩めた。

 大学を卒業後、ロックのバンド活動に明け暮れ、「ちょっと暇だったから小説を書き始めた」と頭をかく。執筆スタイルは「脈絡なく、ぱっと思いついて書く。深夜から早朝が、やる気が出る。日中はだめな時間だから、寝てたりする」というマイペースぶりだ。

 予備校に勤める傍ら、2014年に太平洋戦争時のニューギニアを舞台にした「指の骨」でデビュー。「若い…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文674文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2 探査ロボ、リュウグウ着陸 表面跳びはね撮影
  2. 夜光雲 ロケットのガスで発生か 白や赤に輝く羽衣のよう
  3. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱
  4. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  5. 外来テントウムシ 天敵に天敵、クズ栄える? 関西都市部などで拡大、カメムシ危機

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです