メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

水族館、見せる工夫満載 夏休み、ひと味違った楽しみ方

 日本は世界有数の水族館大国だ。悠々と泳ぐ魚やイルカたちは見る人の心を癒やしてくれる。すんでいる環境や生態がまちまちな魚や海洋動物を生き生きと見せるため、さまざまな工夫が凝らされている。もうすぐ夏休み。ひと味違った水族館の楽しみ方を紹介する。【荒木涼子】

 ●海中再現 巨大水槽

 水族館の目玉といえば、大型のサメやエイから小魚の大群まで、海中をまるごと再現したような巨大水槽だ。沖縄美(ちゅ)ら海(うみ)水族館(沖縄県本部町)には日本最大の「黒潮の海」という水槽があり、7500トンもの水が入っている。この水圧に耐えているのが、ガラスより軟らかく強度も高いアクリル板だ。幅22・5メートル、高さ8・2メートルの前面パネルは厚さが60センチもある。7枚のパネルを特殊な接着法で重ねて作るが、これほど大きなアクリル板を透明なまま貼り合わせるのは難しい。このパネルを作った日プラ(本社・香川県三木町)は水族館用アクリル板で世界シェア7割を誇る。

 水槽をより大きく見せる裏技もある。サンシャイン水族館(東京都豊島区)は都心のビルの10、11階にあ…

この記事は有料記事です。

残り1307文字(全文1775文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  5. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです