メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

豪栄道、カド番脱出

11日目(18日・ドルフィンズアリーナ)

 単独首位を走る御嶽海が魁聖を押し出しで圧倒し、初日からの連勝を11に伸ばした。追う平幕の栃煌山と朝乃山は、それぞれ2敗を守った。大関は、豪栄道が大翔丸を退けて勝ち越しを決めカド番を脱出。高安は関脇・逸ノ城に敗れて痛い4敗目。平幕の遠藤、豊山、北勝富士が勝ち越しを決めた。

 元大関で平幕の琴奨菊が「左上腕二頭筋腱(けん)損傷」などにより休場した。

この記事は有料記事です。

残り1031文字(全文1224文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  3. 久間元防衛相 詐欺容疑で会長逮捕のテキシアのパーティーであいさつ
  4. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです