メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

与党PT検討委

九州新幹線の長崎ルート、結論先送り

 九州新幹線長崎ルートに関する与党の整備新幹線建設推進プロジェクトチーム検討委員会は19日、月内決着を目指していた整備方式決定の先送りを決めた。この日の会合では、車輪の左右の間隔を自動的に変えてレール幅が異なる新幹線と在来線の両方を走るフリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)の導入の断念を正式決定。この結果、長崎県とJR九州が求める全線フル規格か、在来線の線路を活用するミニ新幹線かに絞られたが、沿線の佐賀県が費用負担増に難色を示す現状では、早期の方式決定は困難と判断した。

 検討委の山本幸三委員長は同日の会合後、記者団に対して「(山陽新幹線に乗り入れ)新大阪までつなぐこと…

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文850文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです