メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊ドライブイン

「戦後日本」の物語伝え終刊

「月刊ドライブイン」を前に、笑顔を見せる橋本さん=東京都で2018年7月9日午後、山内真弓撮影

 高速道路から外れた地域の過疎化、ツーリングブーム、戦後女性の生き方--。自動車の普及と共に各地の道路沿いでにぎわった「ドライブイン」を記録する小冊子「月刊ドライブイン」が先月、vol・12で終刊を迎えた。製作していたのは、全国200ものドライブインを回ったというライター、橋本倫史(ともふみ)さん(35)。橋本さんは、ドライブインで働く人々へのインタビューを通じて「戦後日本」の物語を伝えてきた。

 ドライブインは車で立ち寄り、食事やトイレ、買い物などができる休憩所。モータリゼーションの発展に伴い…

この記事は有料記事です。

残り1269文字(全文1518文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  2. 300キロ超大物クロマグロ 和歌山・那智勝浦
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 器物損壊 原爆ドーム前の慰霊碑に汚物? 広島中央署捜査 /広島
  5. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです