メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首都高

地下化に3200億円 完成に10~20年

 国土交通省、東京都、首都高速道路会社は18日、国の重要文化財・日本橋(東京都中央区)の上を走る首都高速道路を地下トンネルとする事業費が約3200億円になると発表した。2020年の東京五輪・パラリンピック後の着工を目指し、完成には10~20年かかる見通しだ。

 約3200億円には、地下トンネルの掘削や現行の高架橋の撤去費用などが含まれ、首都高会社が約2400億円、東京都と中央区が約400億円を負担する。残る約400億円は首都高の地下化に伴い、日本橋周辺に再開発ビルなどを建設する民間事業者に負担を求める。国交省と…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文643文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  2. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  3. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  4. 横井、佐藤、本田が優勝 フィギュアのチャレンジ杯
  5. 駅弁「かにめし」車内販売終了へ 鉄道ファンから惜しむ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです