メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

目黒児童虐待死

親に手を上げられた女性 経験を小説に「社会全体で子育てを」

虐待を受けた経験に基づく小説を刊行した田村真菜さん。出産を控え「虐待の連鎖」の不安も口にした=東京都内で2018年6月12日、宇多川はるか撮影

 「おねがい ゆるして」。ひらがなの「反省文」を書き残した東京都目黒区の船戸結愛ちゃん(当時5歳)の虐待死事件。逮捕された両親を糾弾する声が噴出したが、「親を責めても事件はなくならない」と言う人がいる。幼いころ虐待された体験に基づく自伝的小説を刊行した田村真菜さん(30)だ。どうすれば悲劇を防げるのか。【宇多川はるか/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1088文字(全文1261文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  4. 絶滅危惧種 大阪湾で「アカメ」捕獲
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです