メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新芸」とその時代

(43)ソ連の仕事Ⅵ 伝説のピアニスト・リヒテル①

飛行機嫌いで、ソ連のナホトカから船に乗って大阪港に到着したリヒテル=1970年8月31日

「争奪戦」の構図

 海外から続々と著名な演奏家や団体が来日していた1960年代、ウラディミール・ホロヴィッツ、マリア・カラスとともに「難攻不落トリオ」と呼ばれ、興行師らが虎視眈々(たんたん)と招請のチャンスを狙っていたのが、ソ連のピアニスト、スヴャトスラフ・リヒテル(15~97年)であった。1970年に初来日し、大阪万博の「クラシック催物シリーズ」に出演。その後東京などでも演奏会を開き、リヒテル旋風を巻き起こした。

 リヒテルはジトミル(現ウクライナ領)生まれ。ドイツ人の父テオフィルはウィーンで音楽教育を受け、オデ…

この記事は有料記事です。

残り2560文字(全文2819文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです