メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

御嶽海 過去全敗の魁聖撃破「考えてやれた」Vへ無傷11連勝(スポニチ)

大相撲名古屋場所11日目(2018年7月18日 ドルフィンズアリーナ)

 考え抜いた相撲で苦手を克服した。御嶽海は過去4戦全敗の魁聖に対し、当たりながら左に動いて左差し。巻き替えられても前に出て、左手が万歳となりながら体を預けて押し出した。「しっかり考えてやれたかなと思う。足はよく出ていた。(勝てたのは)大きい」。これまで204キロの巨漢にまわしを与えて敗れてきたが、同じ轍(てつ)は踏まなかった。

     サッカーのW杯は「南米のサッカーが好き」でアルゼンチンを応援し、同国敗退後はブラジルに期待をかけた。土俵上ではブラジル出身の魁聖の壁を破り、初の賜杯に近づいた。12日目は大関・高安戦。「簡単に勝てる相手じゃない。しっかり準備していきたい」と頭もフル回転させて最善を尽くす。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
    2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
    3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
    4. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
    5. 風疹 流行続く 患者127人増

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです