メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

2週間 続く猛暑 爪痕、なお生々しく

2週間たっても、一帯は土砂に覆われている=広島県呉市で2018年7月20日午前9時29分、本社ヘリから望月亮一撮影

 瀬戸内海を望むのどかな山あいの集落を、土石流が襲った。西日本豪雨から20日で2週間。茶色い土砂に覆われた広島県呉市の天応西条地区は、今も生々しい爪痕が残る。

 大雨特別警報が広島県に出た今月6日、集落の北側の山で土砂崩れが相次いだ。土砂が付近の川に流れ込んで土石流が起き、一帯の住宅を次々とのみ込んだ。

 2日後の8日には、一帯が川と道路の境が分からないほどの土砂で覆われ、押し流された住宅のがれきが散乱…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文653文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  3. 万博 誘致費36億円 大阪府知事「必要経費」理解求める
  4. ゴーン会長逮捕 日産と司法取引 東京地検特捜部が適用
  5. ゴーン会長逮捕 閉鎖の工場地元「人情ない人と思ってた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです