メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度花咲かせよう

育児を避けて「フラリーマン」に=残間里江子

 「娘が夫婦げんかをして子どもを連れて実家に帰っているのよ。共働きなのに夫が家事をやらないことへの抗議らしい。お陰で私は育児バアバ。疲れるけどちょっと楽しい毎日なの」と、女友達が電話をしてきた。

 事情を聴くと、娘さんは、夫の帰りが遅いのは仕事のせいだと思っていたのだが、たまたま会った夫の同僚から「働き方改革」で午後6時過ぎには退社しているはずと聞いた。娘さんが夫を追及したところ「家に帰っても何もできないから外にいた」との言葉が返ってきて、激怒したのだという。

 最近は育児に積極的な「イクメン」が増えている一方で、育児・家事が苦手だったり、嫌だったりして、自宅…

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文717文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 特集ワイド 「昭和の夜」また一つ 伝説のキャバレー「ハリウッド」、58年の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです