メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

橋本忍さん 100歳=脚本家

橋本忍さん=2008年撮影

「羅生門」「七人の侍」

 映画プロデューサーで、黒沢明監督の作品などの脚本家として知られた橋本忍(はしもと・しのぶ)さんが19日、肺炎のため死去した。100歳。葬儀は近親者のみで営む。喪主は長女で脚本家の綾(あや)さん。

 兵庫県生まれ。第二次世界大戦開戦前後に軍隊で肺を病み、療養中に伊丹万作監督に習作シナリオを送る。伊丹門下で脚本を学び、黒沢監督に芥川龍之介の「藪の中」を脚色したシナリオを見てもらう。それを1950年に黒沢監督が「羅生門」として映画化。映画はベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞する。以降、小国英雄さん、菊島隆三さんと共に黒沢作品の脚本を手がけ「生きる」「七人の侍」「生きものの記録」「蜘蛛(くもの)…

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文772文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  4. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです