メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

21世紀dotank発

金融リテラシーの時代 /山梨

 「山梨県は47都道府県の中で最も金融リテラシーが低い県である」。これは金融広報中央委員会が2016年に行った金融リテラシー調査の結果である。この調査では金融リテラシーに関する25の質問の正答率で最下位、また金融トラブルの経験者の割合がトップということで、このような結果になってしまったようだ。

 そもそも金融リテラシーとは何なのか。日本証券業協会のホームページには「金融リテラシー」とは「金融に関する知識や情報を正しく理解し、自らが主体的に判断することのできる能力であり、社会人として経済的に自立し、より良い暮らしを送っていく上で欠かせない生活スキル」と記載されている。つまりお金の上手な使い方といえばいいのだろうか。私も金融広報中央委員会のホームページ上にあった金融リテラシークイズをやってみたが、これがなかなか難し…

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文899文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです